HOME > 淡路ビーフ

美菜恋来屋だから販売できる淡路ビーフをご堪能ください

難関を突破した最高級肉?!

淡路ビーフのこだわり

淡路ビーフの血統は、世界に名高い肉牛の芸術品『たじま牛』。
その『但馬牛(たじまうし)』の多くが
ここ淡路島で生育されておりますが、
初めから淡路ビーフとして生まれる訳ではありません。
定められた認定基準を満たすもののみ

淡路ビーフの称号
を得ることができます。
人肌で溶ける程の融点の低いサシと肉繊維が

きめ細かく筋肉に入ることで、舌触りの良い

上品な甘みと風味
が口の中に広がるのがおいしさの特徴です。

淡路島産但馬牛の中でも条件を満たしたものだけが「淡路ビーフ」に

淡路島産但馬牛の中でも条件を満たしたものだけが「淡路ビーフ」に
  • 淡路家畜市場において、上場取引及び自家保留されたもの
  • 兵庫県内で肥育されているもの
  • 系統組織が主催する肉牛せり及び枝肉共励会並びに兵庫県内の
  • 食肉センターにおいて出荷処理されたもの
  • BMS(霜降り度)がNo.4以上
  • 歩留等級(可食部分の割合)がA・B等級
  • 枝肉重量が去勢330kg以上、雌280㎏(未経産)
  • 月齢が25ヶ月以上
  • 上記以外で淡路ビーフブランド化推進協議会が『淡路ビーフ』と認定した場合

淡路ビーフはなぜおいしい?!

淡路ビーフはなぜおいしい?!

兵庫県産但馬牛は日本で唯一他府県産和牛との交配を避け、その血統を守っています。但馬牛特有の肉繊維が細かく上品な甘みの赤身と人肌で溶ける霜降りが『淡路ビーフ』のおいしさの秘密です。
筋肉の中に入る霜降り状の小ザシが口の中で溶けることで滑らかな食感や柔らかさ、肉のうまみと風味が口の中に広がります。また、全国規模の牛肉の品評会では淡路島産但馬牛が牛肉の風味に最も影響を与えるとされるオレイン酸等を豊富に含むとして『脂肪の質賞』を獲得し、全国にその名を知らしめました。オレイン酸は牛肉の風味にもっとも影響を与える以外にコレステロール値を下げる働きがあるとされるなど、健康につながる成分として知られています。

淡路牛と淡路ビーフって違うの?!

淡路牛は淡路島等で生まれ、淡路島での肥育期間がもっとも長い牛(ホルス牛・交雑種・和牛等)が淡路牛と言われます。淡路ビーフは中でも淡路産但馬牛で上記にある厳しい認定基準が設けられており、年間約200頭程しか手に入りません。また、淡路ビーフ1頭ずつには淡路ビーフ証明書があり、淡路ビーフ指定取扱店には『地球に立つ牛のブロンズ像が』置かれています。

精肉部門のこだわり6か条
こだわり1:専門店

淡路島唯一の淡路ビーフ専門店であること。淡路ビーフのおいしさをもっとたくさんの方に知っていただくため、淡路ビーフの専門店になりました。

こだわり2:真剣

お客様からの『おいしかった』がききたくて。精肉に真剣に取り組んでいます。

こだわり3:まとめ買い

新鮮な野菜・鮮魚がそろっていますのでいろいろな食材が一か所で買えますのでお料理の幅が広がります。

こだわり4:親身な対応

店員に何でもご相談ください。丁寧に対応させて頂けますよう心がけております。

こだわり5:品質管理

1頭1頭、お肉の生産者がわかるように管理しておりますので安心してお買い求めして頂けます。

こだわり6:価格

淡路ビーフをよりお手頃なお値段を心掛け、産直市場ならではの価格でご提供しております。

精肉部門スタッフからのメッセージ

精肉部門スタッフからのメッセージ

淡路和牛でもなく、淡路牛でもなく、淡路の最高級ランク『淡路ビーフを専門に扱う店』です。
よりたくさんの方に淡路ビーフを味わっていただくためどこよりもお求めやすい価格を目指して取り組んでおります。私は淡路ビーフを日本のどのお肉よりも脂が脂っぽくなくさっぱりしている食べやすいお肉と感じています。(特にサーロインで味わっていただくとこの良さが引き立ちます。)是非美菜恋来屋にお越しの際は淡路ビーフをお求めください。
また最近では淡路島で作られた美味しいお肉を淡路島で味わっていただく為に、『神戸ビーフに嫁入り』した淡路島産のお肉を『里帰り』させて販売もしております。
男ばかりの精肉専門店ですが、地元に愛され『あそこに行けばきっと本物が見つかる』をモットーにお店作りをしております。是非お立ち寄りの際はお声掛けください。精一杯ご対応させて頂きます。

牛肉以外に、豚肉・鶏肉も販売しております。また、お客様のご要望に応じてスライスもしておりますのでお気軽にお声掛けください。贈呈用の梱包も用意しております。ぜひ、ご相談ください。

ページの先頭へ